髪の毛で無意識に印象を操作できる|意味調べ#2「一髪、二化粧、三衣装」

ぽぽこ(@popocomp)です。

髪の毛で魅力度が押し上がってます

みなさんは見た目の中で、髪の毛の重要度はどの程度でしょうか。

重要度は高くても「いちばん大事❕」っていう方は少ないように思います。(私もそうでした)

ただ、「髪がいちばんだ❕」とすることわざがあるんです👀

昔も今も美しい見た目がもてはやされるのは変わらないので、ことわざに深い意味がある気がしたので調べてみました。

 

ことわざ2つの紹介と、髪の毛が相手に与える印象についてまとめています📝

髪の毛が与える印象は顔や服より幅広く無意識に影響を及ぼすので髪の毛をおざなりにしてはいけないと思いました😖

1.髪がいちばんのことわざ2つ

髪がいちばんだとすることわざ2つとその意味を紹介します。

その1「一髪、二化粧、三衣装」

いちかみ、にけしょう、さんいしょう」と読みます。

ことわざの意味は、

女性を美しく見せるのは、第一は髪かたちの美しさ、二番目は化粧、三番目が衣装だということ。

引用元:ことわざ辞典オンライン

 

その2「一髪、二姿、三器量」

いちかみ、にすがた、さんきりょう」と読みます。

ことわざの意味は、

髪、身だしなみ、顔立ちの優先順位を述べた言葉です。

「一髪、二姿、三器量」
いくら器量良し(美人)でも、姿(身なり)がだらしないと美しく見えない。
いくら姿を整えても、髪をきちんとしていない女性は美しく見えない
だから何よりもまず、髪をきちんとしておくこと。

引用:Yahoo!知恵袋

それは、日本に古くからある言い伝え。
まず髪を大切にすることで、
そのひとが持つ美しさが引き出される。
この言葉には、そんな意味が込められています。

引用:いち髪|いち髪の、こだわり|クラシエ

2つのことわざは、見た目の美しさに関してまずは髪の毛を大切にする」ことを示しています。

 

髪の毛が与える影響にはどのようなものがあるのか考えてみました👇

2.髪の毛で伝わる6つのこと

古来からの「髪がいちばんという考えは現在も変わらないと私は考えています。

その理由は髪は性格が伝わりやすいからです。

思いつく6つの要素とそれらに対する印象についてまとめました。

その1:身だしなみの意識

整髪への意識の高さは、髪以外のことも「ちゃんとしているか」の指標にも影響しています。

  1. 禿げているが整えられている
  2. 禿げ散らかしている

寝ぐせのまま職場に表れた人に「仕事もいい加減そう」と感じたことはありませんか。

私は、頭や前髪をガチガチに固める人に「融通が利かなさそう」と感じたことがあります。

本当にそうかどうかは別として、髪の毛に対する身だしなみから人柄を見出してしまうなぁと感じました。

 

その2:健康への意識

髪の毛の状態は、その人の健康状態に対する印象にも影響します。

  1. パーマ・ヘアカラーが綺麗だが枝毛だらけ
  2. 地毛・パーマ無しだが毛に艶がありまとまっている

私は①に上辺のようなものを、②ににじみ出る美しさみたいなものを感じます。

(①化粧が上手だけど肌荒れが目立つ、②化粧が下手だけど肌が綺麗なのと同じ印象です)

だからパーマやヘアカラーをしながらも艶々でまとまっている方はその意識の高さに感服せざるを得ないです。

 

髪の毛の状態が悪いと、不摂生やストレス過多の印象がついてしまうと感じました。

 

その3:センスの良さ

髪の毛を束ねたり留めたりするにあたり、飾ろうとしているのか誤魔化そうとしているのかってこっちに伝わってきませんか。

  1. ヘアアクセ・ヘアアレンジが映えている
  2. ヘアアクセを使って誤魔化している

ヘアアクセを外してもなお美しいやつ、理想です😂

化粧もそうですけど、なるべく飾るためだけの存在であってほしいなという願いがあります🥺

 

ヘアアレンジで美的センスを印象付けてしまうことができるんですね💦

 

その4:清潔感

髪の状態や匂いで相手に与える清潔感も左右できます。

  1. 直毛だけど脂ギッシュ・フケがある
  2. くせ毛だけどシャンプーの良い匂いがする

清潔感に関しては、服や顔がどんなに綺麗でも髪の毛で台無しになるすごいパワーを持っていると思っています。

 

その5:髪質

先天的資質ではありますが、その人に対する素材の良さを見てしまう要素になります。

  1. 軟らかい・硬い
  2. 細い・太い
  3. 多い・少ない
  4. くせ毛・直毛

また、髪質で人柄を連想しがちだとも思います。

髪の毛が硬く・太く・多く・くせ毛の方は芯が強そうだとか。毛質が柔らかく細い方は繊細そうだとか。

本当はそうとは限らないのに不思議ですよね。

 

その6:髪型

様々な組み合わせで相手に対する印象を自分で変えられます

  1. ショート・セミロング・ミディアム・ロング
  2. 外ハネ・内巻き・外巻き
  3. ストレート・パーマ
  4. 前髪なし・あり・長い・短い
  5. 染髪・地毛
  6. 暖色・寒色

髪質と違って自分で変えられるので後天的な人柄・性格の要素を想像するように思います。

分かりやすいところでいうと、金髪・銀髪・茶髪・黒髪にそれぞれのイメージの違いです。

それぞれ違った趣がありますよね😊

 

髪の印象まとめ

  1. 身だしなみの意識
  2. 健康への意識
  3. センスの良さ
  4. 清潔感
  5. 髪質
  6. 髪型

あくまで代表例ですが、髪の毛が他人に与える印象の影響は顔や服より多岐に渡っていて幅広いと感じました。

無意識に印象付けるのが特徴

不思議なことに、髪の毛を見てハッキリそう意識したのではなく、髪の毛からんとなくそのように感じてしまうのが特徴です。

 

あとがき

髪の毛は人の無意識に突き刺さっていくから見た目の中でいちばん気を付けましょう、という先人の教えなのかもしれないと思いました。

顔の美しさや、スタイルの良さ、身なりは私たちの意識に直接その良し悪しを訴えかけますが、髪の毛は無意識の部分に良し悪しを訴求するものなのでしょうね😂

見た目のコンプレックスを解決するなら、髪の毛から始めると他の要素も後から着いてきてくれそうな気がしました😊

 

記事が参考になれば幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。ぽぽこ

Amazon.co.jp:「いち髪」の検索結果