【スキンケア界の女王】効果は無くとも、私は雪肌精に憧れている。

雪肌精は女王

おはようございます、ぽぽこ(@popocomp)です。


思春期から汚肌のコンプレックスと戦い続けている私ですが、目指しているゴールがあります。

スキンケアに雪肌精を使っている美肌の私」です。

正直、効果はそっちのけです。雪肌精の魅力って効果じゃない

この記事では、私が雪肌精に憧れる理由と、雪肌精の魅力を中心にご紹介したいです。

こんな人に読んでほしい
  • 雪肌精魅力について知りたい方
  • 雪肌精効果について知りたい方

ぜひお読みいただければと思います。

1.雪肌精について

はじめに、雪肌精一般的なイメージ製品コンセプトについてご紹介します。

歴史 ~30年以上君臨するスキンケア製品~

雪肌精は1985年に誕生。30年以上もの間、そのブランド力を維持し続けるスキンケアの王道ブランドです。2000年からは化粧水以外の製品(乳液・クリーム)も登場し、製品のシリーズ化が始まります。現在はファンデーションなどの基礎化粧品も製品展開されていますね。2009年には環境保全活動<雪肌精 SAVE the BLUE>を開始し、ブランドシリーズとして確固たる地位を築いているといえます。

ブランドイメージ ~「美白」と「透明感」~

Googleの検索結果では、「雪肌精」という単語から「美白」「透明感」というキーワードが頻出します。

ボトルデザインからも美白と透明感をイメージできる

画像引用:amazon商品ページ(コーセー 薬用雪肌精 360ml

また、製品のデザインは共通して濃紺をベースにした透け感・光沢のある容器白抜きの文字が使用されており、美白と透明感を体現しています。この凛としたデザイン雪肌精の魅力の一つであると私は感じます。

イメージキャラクター ~松嶋菜々子さん・新垣結衣さんら~

雪肌精はイメージキャラクターを起用し、ブランディングを図っています。

初代イメージキャラクター:松嶋菜々子さん

起用当時、視聴率女王としてトップの実績、各マスコミの好感度ランキングでは常に上位にランクインしており、正に“国民的女優”でした。モデル出身の洗練されたスタイルの良さや、気品の良いイメージ雪肌精のブランドイメージに貢献したと思います。

二代目イメージキャラクター:新垣結衣さん

2012年からイメージキャラクターとして2019年現在も起用されています。ブレイクのきっかけとなった、グリコの『ポッキー』のTVCM出演時の満開の笑顔とダンスに魅了されファンになった人も多いのではないでしょうか。男女問わず高い人気があり、最大の魅力は30代となった今も変わらない「透明感」です。それが雪肌精のイメージキャラクターに長年起用される理由でもあると思います。

アンバサダーとして羽生結弦さん、岩田剛典さんら男性も起用

2018年に雪肌精の環境活動「SAVE the BLUE」プロジェクトのアンバサダーに岩田剛典さん、2019年に雪肌精のアンバサダーとして羽生結弦さんが起用されています。女性人気が高いことや、育ちが良くクリーンなイメージが共通点でしょうか。

余談 もっと雪感出しても良いんじゃないかと思う

私見ですが、””の割には皆さん柔らかい印象のイメージキャラクターだなと感じています。粉雪降り積もる雪のようなふんわりとした情緒を感じます。

個人的には、

広瀬アリス&すず姉妹 剛力彩芽さん 柴咲コウさん 菅田将暉さん
  • 骨格の良さ(分かりやすく言うと横顔が綺麗)
  • 国民的認知度
  • 強いイメージを持つ

雪の結晶の幾何学的な美しさとか氷の鋭さをイメージしたようなキャラクター起用はどうでしょう。

まあ、こういう妄想の余地があるところも、雪肌精の魅力です✨⛄

続いて、雪肌精効果について👇

2.雪肌精の効果

化粧水の効果は人それぞれであることが前提ですが、私は雪肌精劇的な効果を期待する製品ではないと感じました。

公式も雪肌精の効果を強調していない

そもそも、製作会社のコーセーがあまり効果の良さを押し出していません

コーセー公式HPによると、

雪肌精を使っている理由ランキング 1位「感触が好き(32.9%)

毎日使える、心地よい独特の感触
心まで透きとおるような気分に包まれながら白濁の化粧水をつけると、雪がとけるようにスーッとなじんで、肌の奥*までしみこむ、しみこむ…。

引用元:コーセーHP「雪肌精、33年の歩み。」より

とあり、使用感をアピールしています。

このことから、雪肌精効果を期待するスキンケア製品ではないと私は思うのです。「肌に困っていない人のスキンケア製品」という感じなんです。

成分 期待できそうなのは有効成分(抗炎症)くらい

医薬部外品有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウム抗炎症効果があるとされており、ニキビ予防の化粧水という位置づけです。

グリチルリチン酸ジカリウム※、精製水、エタノール、濃グリセリン、小麦胚芽油、トウキエキス(1)、ハトムギエキス、ハマメリス抽出液、メロスリアエキス、酢酸dl-α-トコフェロール、クエン酸、クエン酸ナトリウム、セスキオレイン酸ソルビタン、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル、ポリオキシエチレンアルキル(12~15)エーテルリン酸(8E.O.)、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、無水エタノール、パラオキシ安息香酸エステル、香料

※;有効成分 無印;その他成分

引用元:薬用 雪肌精|美白のための雪肌精|KOSE

美白はどこ?

美白を謳っていますが、どの成分に美白作用があるのか分からず…。

あまり保湿効果は無いと感じた

つけても潤った感は無いです。さっぱり・さらさらとした使用感。ヒアルロン酸ヒト型セラミドプラセンタなどの保湿成分が含有されていないので納得です。ベタベタするのが嫌なので、この使用感で潤っていたら最高だったのですが💦

改善することも悪化することも無かった

4本くらいリピートしました。肌荒れが悪化することも無く、乾燥した自覚もありません。しかし、ニキビや毛穴が改善することも無かったのです。

私が思う「雪肌精」の使い方は“現状維持”

良くも悪くも「現状維持」これに尽きる製品だと感じました。悪くもならないし、良くもならないのです。
自分の肌が「このままで良い」そう思ったときに使う究極のスキンケア製品だと思います。

では、効果の期待できない化粧水になぜ憧れるのか
私が感じる雪肌精の魅力ついて紹介します👇

3.雪肌精の魅力 ~それでも使いたいブランド力~

簡単に言うと、雪肌精が似合う肌になりたいんですよ。それくらい、ブランドイメージが確立していると感じています。その中でもネームバリュー香り2点について、ブランドの魅力をお伝えしたいです。

ネーミングセンス 「雪」「肌」「精」が美しい

」「」「」、3つ並べて幻想的なんです👼

  • 」…白さ雪の結晶にイメージされる「自然美
  • 」…「純粋」「すぐれた」などの意味を持つ

この2文字に「」を挟んで配置して「雪肌精」としているのです。揺るぎない字面ですね。

漢字三文字の縦書きが尚良い

シリーズを共通して縦書きのレイアウトです。漢字×縦書きって重厚感がありませんか。イメージ戦略に踊らされているのでしょうが、”古き良き“をイメージさせられるのです。

使用感 独特の香り

あの香りがする度に雪肌精に酔いしれます。

植物由来の独特の香りが特徴です。香りが苦手だと感じる方もいるようですが、私は雪肌精酔いをするためにあるくらい固有の香りであると認識できます。化粧水以外のシリーズ製品にも同じ香りが搭載されており、もはや“ブランド化された香り”です。

化粧水は本来、肌質に合うものを探して使いますが、雪肌精はそういう概念を無視しており、使いたい化粧水なのです。

最後に いつか辿り着く、自分至上と究極

私からしたら雪肌精スキンケア界の女王です。

他にもっと優れたスキンケア製品があるのは分っていても
風格や佇まいが圧倒的で。

また余談ですが、 SKⅡは「女帝」 っぽいなぁと勝手にイメージしています。

褒められるほど肌が綺麗になったときに
効能性があまり高くない雪肌精を使っていると言うと
逆に肌の資質の高さを演出できるメリットもあると思っています。
(見栄っ張りの思想ですが💦)

私は美肌になって、雪肌精が似合う女になりたい。

みなさんにも、憧れの化粧水はありませんか?

記事が参考になれば幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。 ぽぽこ